ロスオダトップページ
最終更新 :

ロストオーダー(LOST ORDER)の攻略wikiです。ロスオダの最新情報や攻略情報だけでなく、キャラやゲームシステムもいち早くお届けします!ロストオーダーの攻略情報は全て網羅しています。

ロストオーダーの最新攻略情報

初心者はまずここから

攻略記事の更新情報

5/24(水)
▶︎リセマラランキングを更新。
▶︎初心者記事を更新。

ロストオーダーの配信日はいつ?

GameWithの配信日情報をチェック!

ロストオーダー(LOST ORDER)の配信日や事前情報が気になる人は、GameWithのロストオーダー紹介記事をチェック!最新情報や配信日、事前登録情報をいち早く確認できる!

ロストオーダーの配信日情報はこちら

ロストオーダーの事前登録は?

ロストオーダーは、事前登録キャンペーンなどがまだ発表されていない。公式HPやTwitterなど、今後の動向は要チェックだ。

ロストオーダーのリセマラ情報!

ランキング情報

最強キャラ最強パーティ
最強装備最強スキル

初心者向け攻略情報

序盤の効率的な進め方はこちら

キャラ育成

最速キャラレベル上げスキルの効率的な強化方法
武器の効率的な強化方法防具の効率的な強化方法

バトルテクニック

バトルテクニック属性相性
パーティの組み方-

ロストオーダー攻略掲示板/Q&A

ロストオーダーのキャラ情報

全キャラ一覧はこちら

ロストオーダーのスキル情報

物理スキル魔法スキル
回復スキルサポートスキル

ロストオーダーのクエスト攻略

メインストーリー攻略

第1章第2章
第3章第4章
第5章第6章

サブクエ・キャラクエ攻略

全サブクエ一覧全キャラクエ一覧

ロストオーダーはどんなゲーム?

Cygamesの新作ゲーム!

グラブルやシャドウバースで有名なCygamesが発表した、新作ゲームの「ロストオーダー」!幻想的な世界観になっているので、キャラやバトルシステムの攻略だけでなく、ストーリーにも注目していきたい!

ジャンルは「リアルタイムタクティクス」

ロストオーダーはすでにゲーム画面が公開されており、「リアルタイムタクティクス」というゲームジャンルになるようだ。基本はオートで進むのも特徴で、ロストオーダーの攻略にはリアルタイムで戦場全体を見渡し視野の広さが求められそうだ。

戦術要素が重要に!

ロストオーダーでは、チーム編成や装備などの戦術要素も充実しているとのこと。ロストオーダーを攻略していくためには、戦略と戦術の両方が必要になってくるだろう。

キャラには進化システムがある!

ロストオーダーのキャラには、3段階の進化システムがあるという情報が発表されている。見た目の変化もあるようなので、攻略面で重要な性能だけでなく、好きなキャラの側面にも影響してくるはずだ。

自由度の高いカスタマイズが可能!

ロストオーダーには、武器・防具・スキルの要素があるのは確定しているが、そこにカスタマイズの自由度が加わっているようだ。育成次第では、同じキャラでも他の人と全く違う攻略方法が出来上がるかもしれない。

ストーリー進行はクエスト方式?

ロストオーダーはそのバトルシステムの特徴から、広大なワールドが1枚のフィールドで作られている可能性がある。そうなるとストーリー進行はクエスト方式ではなく、一般的なRPG方式かもしれない。

降臨クエストや曜日クエストはどうなる?

公開されているゲーム画面を見るに、対戦が主なゲームモードになりそうだ。そうなると降臨や曜日クエストなどの立ち位置がよくわからないため、降臨と曜日クエストはなさそうだ。キャラにレベルがある場合はレベル上げクエストなどがあるかも?

LOST ORDERは失われし騎士団?

ロストオーダーの「LOST」には失う、「ORDER」には騎士団、命令などの意味がある。タイトルの「LOST ORDER」をシンプルに解釈するなら、失われし騎士団といった感じだろうか。

ロストオーダーの略称は?

ロストオーダーを正式名称とした場合、攻略を進めていくとプレイヤー間で様々な略称が生まれてくる。「LO」や「ロスオダ」など、最終的にどんな略称に落ち着くのかも気になるところだ。

ロストオーダーの登場キャラクター紹介

ローズ

CV内山昴輝

自由を信じる若者。プレイヤーの分身であり、主人公キャラの1人。始めは名もなき若者であるローズが、冒険していく上で成長を遂げ、ロストオーダーの世界で中心となる存在になっていくはずだ。

ローズのキャラ紹介はこちら

チェルシー

CV戸松遥

日常を慈しむ少女。ロストオーダーにおけるヒロイン的だと思われる。ローズとの関係性は気になるところだが、共に成長を遂げ、物語の中心となっていくのは間違い無いだろう。

チェルシーのキャラ紹介はこちら

ブレイズ

CV石川界人

絆を背負う無頼漢。ロストオーダーの主人公の1人であることは間違いないが、実際にローズとどういった関係にあるのかが気になるところ。絆というキーワードから、親友といった類の仲間だろうか。

ブレイズのキャラ紹介はこちら

ショーン

CV赤崎千夏

本当を知る魔法使い。4人の中で最も謎に包まれたキャラで、他の3人との関係性も不明。本当を知るというキーワードから、ロストオーダーの物語に深く関わってくることは間違い無い。場合によって操作キャラではない可能性も?

ショーンのキャラ紹介はこちら

ヘザー

CV不明

ウィッチハンターとして生きる女性。貴婦人とも言える容姿をしているが、スカートの中には無数の武器を隠し持っている模様。ロストオーダーにおいて、魔女がどういう存在なのかも気になるところ。

ヘザーのキャラ紹介はこちら

イーサン

CV不明

ローズの叔父で、ゴールドヘヴンにおける重要人物のようだ。ゴールドヘヴンはロストオーダーのメイン舞台なので、ストーリーにおいても重要な立ち位置だろう。見ようによっては、銃としても使えそうなトンファーを両手に持っている。

イーサンのキャラ紹介はこちら

フィン

CV不明

イーサンの執事で、両手に剣を持っている。ロストオーダーでは特徴的な形状をした武器が多いが、フィンの剣も例外なく特殊なギミックが施してありそうだ。

フィンのキャラ紹介はこちら

オードリー

CV不明

イーサンに仕える執事で、霧吹きのような銃を手に持っている。またブーツもギミックがありそうな形状をしており、こういった特殊な武器がロストオーダーの攻略にどう影響するのかが気になる。

オードリーのキャラ紹介はこちら

カリムウル

CV不明

ロストオーダーにおける先住民で、サソリのような長い尻尾が特徴の青年。鳶職が履くニッカポッカのような服装で、下半身には大量の兵器が隠されていそうだ。攻略では敵か、味方か…。

カリムウルのキャラ紹介はこちら

その他の登場キャラ

ロストオーダーはまだまだ情報が出きっていないこともあり、今後登場キャラクターが次々発表されていくことは間違いない。もちろん、ストーリー攻略上の重要人物だけでなく、ガチャキャラも気になるところだ。

ロストオーダーの世界観

物語の舞台は滅都ゴールドヘヴン

ロストオーダーの舞台と思われる、滅都(みやこ)ゴールドヘヴン。名前に「滅」と入っているが、その実は繁栄と享楽を貪る象徴のようだ。この壮観さからも、壮大なストーリーが展開されるだろうことに心が躍る。

謎の存在・漆黒き十三騎士

公式PVでは、冒頭で「漆黒(くろ)き十三騎士」という意味深な存在が確認できる。主人公のローズたちがこの十三騎士にあたるのか、はたまた別の存在なのか。ロストオーダーの世界観の作り込まれようが伺える。

物語のキーワードは自由?

自由と束縛、戦争と創造など、対比するワードが非常に気になる。主人公のローズが自由を信じる若者であるため、物語のキーワードが自由であることは間違いない。ロストオーダーでは、自由をかけて何と戦うことになるのだろうか。

バトルフィールドは戦争?

正義と秩序というワードから、シンプルかつ重厚なストーリー設定が予想される。ロストオーダーのバトルフィールドは、戦争における戦場と同意になるかもしれない。

主人公はローズ達4人で確定!

ロストオーダーに関する最新情報で、「4人の主人公たちの物語」という文言が確認できる。つまりロストオーダーの主人公は、ローズ・チェルシー・ブレイズ・ショーンの4人で間違い無いだろう。

自由をかけて「法」と戦う?

自由を束縛する存在、正義や秩序という文言から、対比は法や国家ということになるだろうか。ロストオーダーでは、ゴールドヘヴンに存在する「法」に対して、ローズ達が真っ向から挑んでいく?

魔法文明と機械文化の合わさった世界

ロストオーダーの舞台である滅都では、魔法文明と機械文化の両方が入り混じっている。どちらも相容れない存在だと思われるので、対立は予想しやすい要素だ。

第3の要素

ロストオーダーのPVを締めくくる言葉、「白紙(いち)から世界を創りたい、そしたらオレたちはー」。ローズたち主人公の言葉だと思われるこれは、魔法文明も機械文化も壊した世界、つまり第3の要素が誕生することを示唆しているのだろうか。

召喚獣はいる?

ロストオーダーの世界には魔法があるので、召喚獣もいる可能性が高い。登場した際には切り札的な存在であることが予想できるため、バトルを盛り上げてくれるだけでなく使い方も重要になりそうだ。

ロストオーダーの開発陣紹介!

豪華開発陣が揃い踏み!

ロストオーダーは、「オウガバトルシリーズ」で有名な松野氏をはじめ、アートディレクターの吉田氏、プラチナゲームス、fuzzなど、コンシューマでの実績を多く持つクリエイターが揃っている!

松野泰己氏

松野泰己氏は、「オーガバトルシリーズ」をはじめ、「FFタクティクス」「FF12」など重厚なストーリーが売りの作品を多数手がけている。宗教や国家など、人種間の複雑な争いを主題とすることが多く、ロストオーダーも重厚なストーリーに?

吉田明彦氏

ファイナルファンタジーⅫや、DS版のファイナルファンタジーⅢの製作に、キャラクターデザイナーとして携わっている人物。松野泰己氏とは伝説のオウガバトルや、タクティクスオウガなどを製作した経験がある。

木村唯人氏

Cygamesの取締役で、シャドウバースや進撃のバハムート、グラブルなどのプロデューサーを担当している。通称・木村P。どれもCygamesで有名なゲームアプリであることから、ロストオーダーのゲームバランスにも期待できる。

坂本英城氏

ロストオーダーの楽曲を担当。家庭用ゲームの作曲がメインとしており、代表作として龍が如くや大乱闘スマッシュブラザーズ、モンスターストライク3DSなどが挙げられる。

プラチナゲームス

主に家庭用テレビゲームソフトの企画・製作を行う。ゲームアプリの製作を行うのは今回が初めてとなるが、得意とするアクションゲームの要素とロストオーダーのゲーム性がどう絡んで来るのかが楽しみなところだ。

fuzz

ゲーム関連では過去にFate/stay nightの移植開発やファイナルファンタジーⅩⅣ:新生エオルゼアのプログラム最適化などを行っている。ロストオーダーではプログラム全般を担当する模様。

ロストオーダー生みの親
Cygamesの他の作品紹介!

グラブル Project Re:LINK

グラブル Project Re:LINKは、グラブルを元にしたアクションRPG。2018年を目処に開発が進んでおり、PS4向けに発売されるとのこと。既存のグラブルとの連携もあるようなので、コンシューマ版のグラブルにも目が離せない!

グランブルーファンタジー(グラブル)

グラブってる?でおなじみの、グラブルことグランブルファンタジー。マルチプレイが売りのRPGで、スマホ版とPC版の両方を展開している。個性的なCMが話題をよんで、今や知らない人はいないほど有名なゲーム!

シャドウバース(シャドバ)

進撃のバハムートの世界観を元にした、デジタルカードゲーム。ハイクオリティなイラストや、豪華声優陣によるフルボイスが魅力だ!賞金付きの大会も開催されるなど、大いに盛り上がりを見せている!

神撃のバハムート

進撃のバハムートは2011年にリリースされたカードバトルRPG。シャドウバースはこのゲームの世界観を元にして作られている。シャドウバースのカード同様イラストが綺麗で、ストーリーもしっかりと作り込まれている。

アイドルマスターシンデレラガールズ

バンダイナムコエンターテインメントと運営・開発している、超人気アイドルリズムゲーム。デレステの相性で親しまれており、配信開始から1ヵ月足らずで400万ダウンロードを達成するほど。

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中